FANDOM


377 シェルサービスステーションは、1978年にリリースされたレゴ®街シリーズ製品である。

製品説明 編集

建物、乗用車、ミニフィグ2体からなる。

ミニフィグが付属する「街シリーズ」として初代のガソリンスタンドセットである。1966年から続くオランダの石油会社「シェル」とのパートナーシップ契約により発売された。

建物 編集

32x32サイズの直線道路(302/553 ロードプレート(直線)と同一)をまたぐ形で、片側にガソリンスタンド店舗と給油ポンプ2基、反対側に給油ポンプ2基とタイヤ整備機材が配置されている。店舗内にはレジカウンターがある。

シェルのブランドカラーである白・赤・黄色のストライプは薄板ブロックを重ねる形で再現されている。

後年にはシェルロゴをプリントした部品が多数登場しているが、本セットではすべてステッカーで装飾されている。

給油ポンプは601 給油ポンプと同様の構造になっており、先端にノズルはなく紐状のホースのみである。

車両 編集

赤色の乗用車が1台含まれているが、ミニフィグが乗車できる構造ではない。

ルーフの上にキャリアが装着されており小物を積載している。

ミニフィグ 編集

ミニフィグはガソリンスタンドのスタッフとして2体入っている。

服は後年のセットとは異なりシェルロゴがプリントされていない白色無地で、赤色のベレー帽をかぶった男性と、お下げ髪の女性が1人ずつである。

手に持つタイプのアクセサリーは入っていない。

ギャラリー 編集

関連製品 編集

同時期・同サブテーマのセット 編集

時系列 編集

ガソリンスタンドは2000年代後半まで数年のサイクルで発売されていた。いったん単体セットとしては姿を消したが、2016年に新たなセットが発売された。1992年より、シェルから仮想の石油会社「オクタン」に切り替わっている。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki