FANDOM


673 ラリーカーとバイクは、1978年にリリースされたレゴ®街シリーズ製品である。

製品説明 編集

乗用車(ラリーカー)と白バイにミニフィグ2体からなる。

車両 編集

乗用車は同時期にリリースされた小型のセット多数と同様に、基本セットの車両に準じた設計でミニフィグが乗車できる構造にはなっていない。

フロントに大型のバンパーと、ルーフに荷台を備えることが大きな特徴である。ヘッドライトは1x1の薄板ブロックであるが、透明ではない。

白バイは主に薄板ブロックとホイールで構成され、座る形でミニフィグが乗車できるようになっている。

ミニフィグ 編集

運転手と警察官のミニフィグが1体ずつ入っている。

どちらも後年のセットと異なり胴体は無地で、警察官の方は制服のステッカーを貼るようになっている。

手に持つタイプのアクセサリーは入っていない。

ギャラリー 編集

関連製品 編集

同時期・同サブテーマのセット 編集

レースは街シリーズのサブテーマとして一定の人気を持っているが、サーキットやピットといった建物セットが登場するのは1987年と、かなり先のことになる。

時系列 編集

レーシングカーと白バイから構成されるセットはこの後発売されていない。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki