FANDOM


レゴ® → テクニック → バイオニクル → ボロックカル
8572 (1、[[{{{before2}}}|2]]、[[{{{before3}}}|3]]) << 8573 ([[{{{setwithsamenumber}}}|Set 2]], [[{{{setwithsamenumber2}}}|Set 3]]) >> 8574(1, [[{{{after2}}}|2]]、[[{{{after3}}}|3]]) 284px-LEGO logo.svg

8573 ヌーボックカルは、レゴ® バイオニクル™の製品は2003年に発売だった。これが、重力のボロックカルはヌーボックカル付き。

BIONICLEsector01(原語版)の上の伝記編集

ヌーボックカルは、当初、ヌーボックに変形する運命にあったアブ・マトランだった。結局、それはバーラッグによって突然変異誘発性物質にさらされた。そして、それをヌーボック=カルに変えた。

バーラッグが他とともにトーア・ヌーバのプロトデルミス刑務所にヌーボックカルが内で罠にかけられたとき、5つのボロックカルはバーラッグを解放するために呼びさまされた。ヌーボックカルはコーワックカルコパカ・ヌーバのヌーバ・シンボルを盗むのを助けた。そして、彼を峡谷でどうすることもできなくした。のちで、だいたいレ=コロのジャングルの中で、いくつかのレ・マトランに各方面からものをそれに向けるよう協力を求めることによって、タフーレーバはヌーボックカルをひどく弱めた。そして、すべての攻撃を無効にするために急速円でぐるっと回ることをそれに強制した。

タフー・ヌーバは、ヌーボックカルを攻撃するためにターノックの大群を使おうとしたが、失敗した。ヌーボック=カルは、ターノックが軌道へ飛ぶ原因になる重力についてのその力を使った。それから、それはタフーの上で重力を増やす力を使った。そして、彼をどうすることもできないままにした。

ボロックカルはバーラッグ(シンボルを着てみる立方体形のシールだけでなく)の位置をあとで見つけた、しかし、ボロックカルを攻撃したいくつかのエクソ=トーアによって、それは守られた。ヌーボックカルは、彼らを降ろすその力を用いて、他を助けた。それから、彼らは立方体まで進んで、シンボルをまとめ始めた。そのプロセスの間に、クラナカルは銀の色に変わった。そして、ヌーボックカルと他を外側の危害から保護した。それから、ヌーバ・シンボルがそれにそれが扱えることができたより多くの力を入れた他のボロックカルとともに、ヌーボックカルは破られた。そして、その重力力がそれを破壊したミニチュア・ブラックホールにオーバーロードして、作る原因になった。

ギャラリー編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki