FANDOM


レゴ® → テクニック → バイオニクル™ → ラクシ
8590 (1、[[{{{before2}}}|2]]、[[{{{before3}}}|3]]) << 8591 ([[{{{setwithsamenumber}}}|Set 2]], [[{{{setwithsamenumber2}}}|Set 3]]) >> 8592(1, [[{{{after2}}}|2]]、[[{{{after3}}}|3]]) 

8591 ボラークは、レゴ®バイオニクル™セット2003年7月がリリースされてしまう。内密で、等しい処置で冷酷で、ボラークは、彼らの敵から離れて強さを吸うために飢えの彼らのスタッフを利用して、自分自身でそれを使う。それは、彼らを彼らと同じくらい激しくする排出のこの方法だ。彼らは、ラクシで最も偉大なハンターまでしてもらった。

LEGO.comの説明 編集

力は、ボラークに抵抗するのができないぞ!

刺激的な新しいビデオに直接の映画『バイオニクル/マスク・オブ・ライト』から、ここに、トーア・ヌーバの最も偉大な敵は、来るラクシが消えちゃってるんだ。ライト・マスクを見つけて、第7トーアの接近を止めるために、これらの「マクータの息子」は、島に放たれていたぞ!ボラークのスタッフはどんな敵のエネルギーでも消耗させることができて、それをこのラクシの力に加えることができる!強力なオヌー・ヌーバがサエて、彼を背景にして立ってんのができないぞ。それさえ始まる前に、第7トーアの日は終わるか?

公式説明 編集

ボラークと呼ばれているラクシは、力に対する飽くなき渇望をする。彼のスタッフを利用して、彼はエネルギーを敵からはかせることができて、それを自分のものに加えることができる。敵がより弱くなって、何も彼を背景にして立つことができないまで、彼はより強くなる。

ストーリー展開 編集

ラクシはマクータの「息子」だ。そして、各々がプロトデルミスにさらされるクラータから生まれる。1つのクラータは、内部からラクシのシェルを制御する。

コメント 編集

バイオニクルシリーズの前の交互のモデルとは異なり、ラクシはカイタの非常に異なるスタイルを持つ。グラークボラークパンラークは、ライダーをつくって、上るために結合する。ボラークが強くて速いが、そのほかのラクシのように、ボラークは力の彼のスタッフを信頼する。それで、彼は敵の力を消耗させることができて、それを自分自身に吸収することができた。彼の敵がより弱くなる間、ボラークはこれまでにより強くなる。彼のスタッフは、効果的な彼の目標で、物理的接触中でなければならない。

ギャラリー 編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。