FANDOM


8972 アタカスは、2009年1月に発売されたバイオニクルセットだった。

アタカスの伝記(でんき)編集

(わか)齢期(よわいき)編集

アタカスは、(いわ)要素(ようそ)支配者(しはいしゃ)統轄中(とうかつちゅう)で、スフィラス・マグナにたよって()らした。コア・ウォーの()わりの(まえ)に、一旦(いったん)それがマタ・ヌイによって改革(かいかく)されるならば、アタカスは偉大(いだい)なる存在(そんざい)にスフィラス・マグナを支配(しはい)する計画(けいかく)供給(きょうきゅう)するようになった。この(おお)きいアタカスが(かれ)情報(じょうほう)提供(ていきょう)することができるように、通信(つうしん)技術(ぎじゅつ)をアタカスに与えず、名前(なまえ)に「ベリカ」を()っていって、マトラン・ユニバースで自分(じぶん)自身(じしん)(かく)されている偉人(いじん)

バラ・マグナ編集

北部(ほくぶ)地域(ちいき)編集

粉々(こなごな)になる時点(じてん)で、アタカスは不毛(ふもう)偉人(いじん)地域(ちいき)にあった。そして、それは別々(べつべつ)惑星(わくせい)(つく)った。アタカスは(かれ)国内(こくない)地域(ちいき)から()(はな)されて、ブラック・スパイク・マウンテンの(かれ)仲間(なかま)種族(しゅぞく)メンバー(きた)解決(かいけつ)された。10(まん)年間(ねんかん)にわたって、(かれ)は、情報(じょうほう)をベリカに報告(ほうこく)したために、通信(つうしん)技術(ぎじゅつ)使用(しよう)した。

バッテラが攻撃(こうげき)(あいだ)(きた)ブラック・スパイク・マウンテンでトゥーマによって支配(しはい)されるスクラールの要塞(ようさい)で、アタカスは(はたら)いた。(かれ)(もん)ガードで、()(みき)供給(きょうきゅう)ワゴンの入場(にゅうじょう)()()のために使(つか)われさせておいた。ただし、()(じつ)はいくつかの(いつわ)られたバッテラだった。そして、それは要塞(ようさい)都市(とし)攻撃(こうげき)して、制圧(せいあつ)した。以降(いこう)(たたか)いのあと、アタカスは()(のこ)っている(いわ)のアゴリを担当(たんとう)して、退(しりぞ)いているスクラール(ぐん)(つづ)いて(みなみ)に、(かれ)らを案内(あんない)した。

未知(みち)のテクノロジーで製造(せいぞう)されるスクラール種族(しゅぞく)のデザイン・カタナは、スクラールがバッテラ武器(ぶき)貯蔵所(ちょぞうしょ)であると(おも)っていたもので()つかった。ベリカによる(かれ)のコミュニケーションのために、アタカスはこれらのブレードを()た。

ロックスタス編集

一旦(いったん)種族(しゅぞく)がロックスタスに(さだ)まるならば、アタカスはいくつかの仕事(しごと)()()けた。(だい)1に、(かれ)は、アリーナ・マッチで競争(きょうそう)しているスクラールのアシスタントの(やく)をした。(かれ)(もん)ガードの(ふる)仕事(しごと)へと()びていて、()種族(しゅぞく)からのアゴリへのトゥーマのスポークスマンになった。アタカスはかつて(かれ)らのもので(とら)えられたメタス連絡(れんらく)をとった。そして、その(ひと)(いわ)部族(ぶぞく)暗闇(くらやみ)において(かれ)援助(えんじょ)提供(ていきょう)した。トゥーマはまず最初(さいしょ)(うたが)ったと、アタカスはアゴリの誠実(せいじつ)さをテストするよう(めい)じられた。

アタカスは、バルカナスでアリーナ試合(しあい)にスクラールを(ともな)うよう(めい)じられた。試合(しあい)()ったのちに、アタカスがロックスタスに(もど)(あいだ)、スクラールはメタスと一致(いっち)するために()った。ロックスタスである(あいだ)獰猛(どうもう)なハンターと(たたか)うスクラールの支援(しえん)()るためにラアヌによって(おく)られるアゴリによって、(かれ)接近(せっきん)された。アタカスは、公然と他の村の信用を得るアゴリの試みをあざけって、スクラールの誠実さが一時的で売りに出されていると彼に話した。大量のソーナックスで償ったあとに、アゴリはアタカスのマークを受領した。そして、スクラールを見つけて、そのシールを購入(こうにゅう)するのを(かれ)(ゆる)した。

アタカスはキャラバンがロックスタスに食物と水を含んでいるのを許した。そして、ストラックグレッシュがカートで隠れていたということを知っていなかった。若干のスピキットが2つ時までにロックスタスでリリースされたあと、アタカスは生きものが逃げるのを止めたために村の進出にとどまることに決めたが、ストラックが彼に襲いかかったとき意識不明のままにされた。

アタカスはロックスタスの対決に参加した。そして、それの後、岩の部族は荒地に追放された。

スフィラス・マグナ編集

プロトタイプ・ロボットを使って、マタ・ヌイは彼の任務に成功して、スフィラス・マグナを改良した。アタカスは、現在もう一度惑星にある。

動画(どうが)編集

Bionicle Review Agori Atakus

Bionicle Review Agori Atakus

関連(かんれん)項目(こうもく)編集